スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『味園ユニバース』 感想&予告編 - ろくでなしの歌声に酔いしれろ!

公開時より気になっていたこの映画。これと間違えて『日々、ロック』を借りてきたりしちゃいましたが、ようやっとたどり着くことができました!
思っていたよりもタルっとしていて、1回目は睡魔との闘いに負け、翌日最後まで見たら「あら、何、この展開?」的な感じで、本音を言えば、☆3.5くらい。

ですが、そこはやはり二階堂ふみちゃんびいきと渋谷すばる君の歌声、そして、テーマソングがドストライクだったので、おまけ加算で☆4つにランクアップしてのご紹介です。

やっぱりスカは最高だあねぇ~♪♪♪

20150928_MISONO.jpg

満足度:★★★★
2015年:日本
監督:山下敦弘
出演:渋谷すばる二階堂ふみ鈴木紗理奈赤犬のメンバー
公式HP:味園ユニバース

あらすじ
大阪。とある広場でバンド「赤犬」がライブをしている中、傷だらけの男(渋谷すばる)が舞台に乱入し突然歌い始める。ざわつく会場だったが、そこに鳴り響いた男の歌声に人々は圧倒される。しかし、すぐに気を失ったその男は、目覚めた時には記憶を失っていた。
赤犬のマネージャー兼スタジオの経営者であるカスミ(二階堂ふみ)は、その男を「ポチ男」と名づけ、やがてバンドのボーカルにポチ男を据えるが・・・。

特徴と見どころ
渋谷すばるの歌声と恰好良さ
二階堂ふみの存在感
赤犬のバンド力と主題歌の力


感想
ひとまず、ごめんなさい!
渋谷すばる・・・って、知りませんでした。(><;)
一緒に見ていた旦那がググりながら「あーこれ、関ジャニの子なんだー」と。「へえ?関ジャニかぁ。・・・。こんな子、いたっけか?」となってしまいました。(よくよく考えてみると、顔と名前が一致するのはヒルナンデスのレギュラーだけかも)

でもって、巧いっすね、歌!
そして、かっちょいいですね!風貌!

二階堂ふみちゃん目当てで見たのですが、渋谷すばる君にもガッツリハートを鷲掴みされてしまいました。
中盤までなんかボソボソ話していて、若干、眠気に襲われてしまったのですが・・・
記憶を戻してからのちょっと乱暴な感じ、良かったですわぁ~。

そして、二階堂ふみちゃん。
やっぱり、存在感が抜群ですよね。
高校には通っていない設定なのに、バンド「赤犬」のマネージャーとしてミキサーを扱う時にはなぜかセーラー服という出で立ち。それ以外ではTシャツ・ハーフパンツというお洒落とは程遠い格好だったんですが。

でも、やっぱり、ふとした時の表情が可愛いー♪
「うちの大切なもんはこれだけや!」って指でカウントしていく姿、ポチ男に「大切なもん、ひとつ、できたな」って人差し指を見せる姿、もう、キュンキュンきちゃいましたねぇ。

お父さんを事故で亡くして、親戚中から反対されたにも関わらず、たった一人で「スタジオ」を守っていく決意をしたカスミ。大切なものはその「スタジオ」とマネージャーをつとめるバンド「赤犬」と「おじいちゃん」と「まきちゃん」。
赤犬」のメンバーは全員「おっちゃん」だし、ちょいボケたおじいちゃんと二人暮らしで、スタジオ(兼カラオケBOX)の切り盛りをしているというちょっと風変わりな女の子なんですが。芯がしっかりある女の子、二階堂ふみちゃんにぴったりでした。

いつでも強気な彼女が、実はポチ男を心の拠り所にしていくところの表現がまた上手くてね。その様子が本当、可愛いなぁ~って。
それとは反対に、ラスト、ガツンとかますシーンがあるんですが、それはそれでやっぱり、迫力あって、格好いいなぁ~って。
ま、平たく言えば、何をしても好きなんです!笑

ラストのところ、実は最初に見たときにはたどり着けず、旦那に翌日「どうだった?」と聞いたらば「はあ?という感じになって終わった」と言っており、見て、なるほど、これかーと思ったのですが。
個人的には「仕事を頼んだのはカスミなのだ!」というこじつけで納得することにしました。だって、あそこ「人材派遣会社」でしょ?

正直に言うと、期待していたよりも淡々としていました。
で、1回目に見たときは眠さ&次女の愚図りに負けて、次女と一緒に寝ることにしちゃったわけですが。翌日一人で途中から最後まで見たら、もう一度最初から見たくなってしまいました。
なんといってもね、テーマソングが良かった!そして、「赤犬」のオッサンら、見れば見るほど味があっていいじゃないかぁ!ライブパフォーマンス、最高じゃないかぁ!

というわけで、後半の赤犬のライブシーンとスカ全開のテーマソング「ココロオドレバ」にすっかりやられてしまったのです。
アカペラ的なエンディングテーマ「記憶」も良かったし、いやはや、渋谷すばる、侮れませんね。
つい最近発売された彼のソロ・ライブ映像のDVD初回限定盤「記憶 ~渋谷すばる/1562」には、この映画のクランクインから、ロッテルダム映画祭で魅せたサプライズ・ライヴなどの秘蔵映像が収録されているそうで・・・これは密かに見たい!と思っているのですが、買わなきゃ見られないのかなぁ???

あっ、最後に!
カスミの大切な人である「まきちゃん」を演じたのは鈴木紗理奈さんなんですが、彼女もまたいい味出していました~。
淡々と進みつつ、ライブで魅せてくれる、そんな映画。まずまずのオススメです。


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


ブログランキング・にほんブログ村へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/Sk-JI0rOyj8



関連作
山下敦弘監督作でおすすめなのはコチラ!クスクス笑いが止まらない一作です。

リアリズムの宿 [DVD]


記憶 ~渋谷すばる/1562(初回限定盤)(DVD2枚組)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。