スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『深夜食堂』 感想&予告編 - とろろご飯がどうしても食べたくなる一作

ドラマは見ていなかったのですが、気になっていた一作。
劇場版○○に関してはどうしても「スペシャルドラマ枠で良かったんじゃない?」と思ってしまうのですが、アクションでもない本作はやはり「映画にする必要があったのか?」と。
ま、でも、そう思ってしまうのは出来の良し悪しに関わらずなので、ね。

小林薫さんがマスターをつとめる食堂、行ってみたいなぁと思いました☆

20150930.jpg

満足度:★★★★
2014年:日本
監督:松岡錠司
出演:小林薫高岡早紀柄本時生多部未華子余貴美子筒井道隆
公式HP:深夜食堂

あらすじ
とある繁華街の路地裏でマスター(小林薫)が深夜だけ営む小さな食堂「めしや」に、ある晩、骨つぼが置き去られていた。
さまざまな憶測が飛び交う中、新しいパトロンを探している最中に隣り合わせになった年下の男ハジメ(柄本時生)に惹(ひ)かれるたまこ(高岡早紀)、無銭飲食したのが縁となって住み込みで働くことになったみちる(多部未華子)、毎晩のように店に現れては常連客のあけみに会いたいと騒ぐ謙三(筒井道隆)など、クセありワケありの者たちがマスターの作る素朴な料理に舌鼓を打ちながら涙と笑いに満ちたドラマを繰り広げていく。

※安倍夜郎さんの人気コミックを基にしたテレビドラマの劇場版。

特徴と見どころ
・口数少ないマスターを小林薫さんが好演
高岡早紀余貴美子の女っぷり
・とろろご飯はじめ美味しそうなごはん


感想
小林薫さん、けっこう好きです。
優男~な感じが好きなんですが、今作では意味深な古傷を顔にもった深夜食堂のマスターで登場です。ドラマは見ていないし、原作の漫画も見ていないので、どういった素性なのかまるで分からなかったのですが・・・
寡黙で情に溢れた優しいマスター、素敵でした♪

映画といっても、30分ドラマ枠をそのままツギハギしていったようなオムニバス的なつくりです。
最初に誰かが食堂に骨壷を置いていってしまったというエピソードが出され、その間に「ナポリタン」「とろろご飯」「カレーライス」という名の物語が入り、最後に骨壷のネタが回収されるという。
だからね、もう、これ、ドラマでいいでしょうって思ってしまうわけですが。まあ、しょうがないですよね、昨今はこの手法で稼ぐっきゃないって感じなんでしょうし。

・・・と、思わず愚痴が入ってしまいましたが。

個人的には愛人(パトロン)に逝かれてしまった「たまこ」のお話が一番好きです。高岡早紀さんのね、女っぷりが良かったですね。
3人の子どもがいて、しかもご長男はもう高校生。それでいて、この色気!見習いたいというか、あやかりたいものです!

パトロンにすがって生きるって、ちょっと時代が古臭い気がしますが、今でも実際あるんですかね?まあ、あるんでしょうね。
次のパトロンを探している時に、店の常連客である「ハジメちゃん」となんとなく恋仲になってしまった「たまこ」。二人で普通の幸せな結婚をするのかと思いきや・・・。

他の常連客たちから、たまこは散々に言われていたけれど。
わたしは「ハジメちゃんはわたしじゃダメなのよ」というたまこの捨て台詞が格好いいなぁと思いました。
真相は藪の中だけれども、その一言がたまこの本音だったんじゃないかな。

この話のあとに続くのは多部未華子ちゃんが主人公をつとめる「とろろご飯」。
これはエピソード云々よりも、とにかく、「とろろご飯」が美味しそうで!
コトコトゆっくり土鍋で炊くご飯。すり鉢で丁寧にすられて、だし汁と混ぜ合わされたとろろ。ふんわりお茶碗にもったご飯の上にとろろをかけても、ゆっくり立ち上る湯気。
深夜、とろろご飯がどうしたって食べたくなってしまいましたよ。

最後の「カレーライス」は個人的にはウムム。
ヒロイン=菊池亜希子のキャラが全然魅力的じゃなかったんですよねぇ。
お相手は筒井道隆さんで、ああ、なんか久しぶりに見たけど、いいねぇ~!って感じだったんですが・・・。やはりお話としては好ましくなかったかな。

最後の骨壷のオチにしても、「カレーライス」で示されたようにはいかんのかいっ!ってズッコケちゃいました。
まあ、ほんわか終わらせたかったんでしょうけどもね。

ともあれ、小林薫さんの深夜食堂にはすっごく足を運んでみたくなったので、及第点ってとこで♪


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/u23h5Y3NrTE




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。