スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ライアーライアー』 感想&予告編 - もう嘘はつかない!笑えて泣ける親子の物語

親子もの。子どもが出来てからすっかり弱くなってしまいましたねぇ。
そして視点がすっかり親目線!
いやはや、子どもなんていらないよ・・・なんて思っていた自分がまさかこんなに子どもデレデレな人間になるとは。笑

ともあれ、こちらの映画はジム・キャリーの顔芸に笑いながらも、最後はきっかり感動させられちゃう良作です!

201501204__Lyer.jpg

満足度:★★★★★
1997年:アメリカ
監督:トム・シャドヤック
出演:ジム・キャリーモーラ・ティアニージャスティン・クーパー

あらすじ
フレッチャー(ジム・キャリー)は嘘が上手なその口先でどんな依頼でも無罪を勝ち取る敏腕弁護士だった。しかし仕事に精を出すあまり、私生活では別れた妻(モーラ・ティアニー)に引き取られた息子マックス(ジャスティン・クーパー)との面会日をすっぽかす始末。
自分の誕生日パーティまでもすっぽかされたマックスはバースデーケーキのろうそくを消す際に「パパが嘘をつきませんように」と願い・・・。なんと、その願いが叶い、フレッチャーは嘘がつけなくなってしまったから、さあ、大変!

特徴と見どころ
・ハートフルコメディ
ジム・キャリーが苦手でもとっつきやすい
・それでもやはりジム・キャリーの顔芸は最高!


感想
オーバー・アクションなジム・キャリーが嫌いな方でも、割ととっつきやすい作品。
心温まるコメディ、です。

ジム・キャリー演じる主人公・フレッチャーは、敏腕弁護士。でも、その内実は口先だけのでたらめ野郎。 離婚した元妻はそんなフレッチャーにとっくに愛想をつかしているものの、息子のマックスは大好きなパパのまだ言葉を信じたがっています。
それなのに、マックスを裏切り続けるフレッチャー。
悲しんだマックスは、バースデーケーキの火を消すときに、こう願います。 (以下、ネタばれ含みます)

「たった1日だけでいい、パパが嘘をつきませんように・・・」


なんて健気で可愛いらしいマックス!
すると、不思議なことに、フレッチャーは嘘が一切つけなくなってしまうのです!
美辞麗句を並べ立てて、あらゆる人のご機嫌をとっていた彼にとって、そして、出世のかかった大事な裁判を目前にした彼にとって、「嘘をつけない」というのは、大・大・大ピンチ!

嘘をつこうとすると・・・・・・
ジム・キャリーお得意の顔芸&全身芸が炸裂!(*>▽<*)ニャヒャヒャ

それでも、最後には機転を利かして、見事裁判に勝利するフレッチャー。けれど、彼は、その裁判結果により、愛し合っている父子が引き離されてしまう現実に気づき、今まで感じたことのなかった「勝訴の虚しさ」を感じます。
ようやく「1番大切なこと」に気がついたフレッチャー。仕事よりも、出世よりも、お金よりも、何よりも大切なもの・・・

「マックスだけは失えない!」

フレッチャーは大急ぎでマックスに会いに行きます。けれど、マックスは今まさに飛び立とうとしているボストン行きの飛行機の中で・・・
ありえな~い!とつっこみたくなるクライマックス。だけど、フレッチャーの真摯な行動には、ちょいとホロホロさせられちゃいました。ラストは文句なしのハッピー・エンド。
ほんのり、あったかい気持ちになれること間違いなしの映画です♪

あ、ちょっと意外な役で、ブリジット・ジョーンズの日記のレニー・セルヴィガーも出ていますよ☆


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/Xbw67NRHHnw


おすすめ関連作
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]
ギャガ・コミュニケーションズ (2012-07-03)
売り上げランキング: 7,832

※オーバーアクションじゃないジム・キャリーの一風変わったラブストーリー。じんわりきます!詳しい感想はコチラ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。