スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デリカテッセン』 感想&予告編 - シュールでブラックだけど、とびきりチャーミングな一作

10月後半に突発性発疹にかかった次女。そっからパイ星人が激しさを増し、心身ともにヘロヘロ→夜間断乳→完全断乳と敢行し、気づいたら、師も走る12月。
来年度の保育園の申請、学童保育の申請、無事に入れるのか?という不安。働きたくないけど、働かないと生活厳しいし~・・・という焦燥。そんな中、度重なるブルーな出来事。
はぁ~・・・って感じですが、まあ、なんとかなると信じていくしかないですね!

今日、ご紹介するのは「あっ!」と言わされた作品です。あの『アメリ』をヒットさせた監督コンビの世にもおかしな近未来ファンタジー。

20151208_derica.jpg

満足度:★★★★★
1991年: フランス
監督:ジャン・ピエール・ジュネ、マルク・キャロ
出演:ドミニク・ピノンマリー・ロール・ドゥニャジャン・クロード・ドレフュスカリン・ヴィアール

あらすじ
核戦争終了15年後のパリ郊外に、ポツンと残る精肉店兼アパート「デリカテッセン」。
住人たちは、いつも不気味な笑いを浮かべる親父を始め、肉食主義の曲者揃い。草も木も生えず、食べ物のないはずの近未来の精肉店で売られている肉とは・・・?

特徴と見どころ
・シュールでブラックだけど、チャーミング
・個性的俳優のオンパレード
・「音」の使い方が絶妙


感想
時は近未来。すっかり荒廃したパリの一隅にあるデリカテッセン(精肉店)が舞台です。
圧倒的な食糧不足により、肉食人種が菜食主義者「地底人」を襲い、人の肉を食することが日常化されてしまった恐ろしい世の中。
このデリカテッセンの肉も、動物の肉ではなく…。

というと、『スウィーニー・トッド』が連想されるかと思います。人肉から作られていたミートパイ。
どちらも物語の雰囲気を見事に映像化した作品だと思いますが・・・

『スウィーニー・トッド』はモノクロ画像のイメージで、この『デリカテッセン』はセピア画像のイメージです。そのため、全体的にこちらのほうが温かみを感じられました。
また結末も、『スウィーニー・トッド』は救いようのない哀しさでしたが、こちらのほうはめでたし、めでたしって感じで。わたしは俄然こちらに一票です。(って、別に2つを比べる必要はないんですが)

さて、物語は、一人の男ルイゾン(ドミニク・ピノン)が職を求めてデリカテッセンを訪れる場面から始まります。 食事・住居つきという求職広告を見てやってきたというルイゾン。
でも、その広告こそ、デリカテッセンの店主(ジャン・クロード・ドレフュス)の罠で・・・。

ひとまず、デリカテッセンの上階にあり店主が経営するアパルトマンの一室をあてがわれたルイゾン。
彼はアパート内の修理などを行ううちに、店主の娘ジュリーと親しくなります。
ジュリーは気さくで優しいルイゾンが大好きになり、父親の魔の手から彼を救うため、「地底人」たちに助けを求めますが…

この「地底人」たちがシュールで笑えました。
ダイビングスーツ(というかテラテラに光る全身黒タイツというか)を身にまとい、頭には懐中電灯(工事現場でヘルメットにつけるようなやつ)。
全員メンズで、やけに団結力が高く・・・おもしろかったですねぇ。(ちょっともじもじ君を彷彿しました)

また、ルイゾンが捌かれるのを今か今かと待っているアパルトマンの住人たちも個性あふれるキャラクターで・・・

やたら遠まわしな自殺を図っては失敗し続けているマダムや悪ガキ兄弟にはくすり。
部屋を水浸しにしてカエルを養殖している不気味なムシューや店主の嫌たらしい笑みにはぞくり。
それぞれのキャラクターと役者さんが見事にはまっていました。

もちろん、主役のルイゾンを演じたドミニク・ピノンとヒロイン役のマリー・ロール・ドゥニャはその中でもピカイチ!2人ともちょっと特徴的な顔立ちが物語の雰囲気にぴったりでした。
ルイゾンは元ピエロということで、仕草もそれっぽく演じられていて、何より、素顔はちょっとモンスターっぽいのに、すごく優しげなオーラが素敵でした。

そんなルイゾンに恋したジュリー。
真っ赤な口紅なんかをつけるとはっとさせられるほど美人なんだけれど、アゴが小さすぎて、それが全体的に少し奇妙な印象をあたえていて。そんなところが、どこかおどおどしているジュリーのキャラに合っていて、ルイゾンとの相性もばっちりでした。

ルイゾンが演奏していたノコギリのバイオリンの音色。前半に登場した時は、ストーリーとの相乗効果もあり、すごく不気味な感じだったのですが、ラストに登場した時は、すごく温かく響いてきました。
あ、そうそう!アパルトマンの住人たちが、それぞれの動きで作り出すいろいろな「音」を組み合わせたシーンがあるのですが、とても楽しかったです。

というわけで、後に『アメリ』をヒットさせた2人の監督の才能が存分に感じられる映画でした。
結末がハッピーなので、ブラックなの苦手な方にもおすすめできる映画です☆


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪





子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/D8vj5WVfSBw



おすすめ関連作
アメリ [Blu-ray]
アメリ [Blu-ray]
posted with amazlet at 15.12.08
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-08-25)
売り上げランキング: 2,575

☆オドレイ・トトゥの出世作。とびきりキュートなラブストーリー。詳しい感想はコチラ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。