スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の中の名台詞 『おじいちゃんの里帰り』

おじいちゃんの里帰り [DVD]
TCエンタテインメント (2014-11-05)
売り上げランキング: 22,241


孫娘の妊娠に気づいたおじいちゃんと孫娘の会話。(おじいちゃんはトルコからドイツへの出稼ぎ労働者で孫娘は移民三世)

「何も食べていないだろ?ママは知ってる?」
「何のこと?」
「ばあさんも4人産んだ。だからわかる。俺の目はごまかせん。(泣き出す孫)
まだ学生だろ?少しは待てなかったのか?(孫の目をじっと見つめて)
人生そんなもんだ。とにかく父親抜きで子供を育てるなよ。父親いるんだろ?」

「トルコ人じゃない」
「今さら驚かんよ」
「イギリス人なの」
「イギリス人!?なんでイギリス人なんかと!?(思わずテンションがあがる)
せめてドイツ人なら・・・。
・・・まあ、いい。気にするな。大切なのは互いに愛し尊敬しあうこと。
ママに話せよ。早めにな。」


「我々とは何か?」の質問にある賢者は答えた。
「我々とは先代の出来事の集約で目の前で起こった出来事や被ったことの集約である。我々とは我々に影響を与えた人や存在か、我々が影響を与えたもの。 我々とは我々が消えた後の出来事で我々なくして起こりえないこと全て。」



☆トルコ人移民三世代の物語。ラストにぐっとくるロードムービーです。詳しい感想はコチラ


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。