スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・マジックアワー』 感想&予告編 - ギャハハと笑ってストレス解消できる映画

前回ご紹介した映画は、ロマ音楽にいろどられた『黒猫白猫』。
ストーリーの流れは何ともはちゃめちゃ。
ドタバタしているうちに、死人まで蘇って、大団円というごきげんな映画でした。
今回はその「ドタバタ」つながりでいきたいと思います。日本を代表するコメディ監督といったら、やはり、この人でしょう!

三谷幸喜監督が贈る最上級のドタバタコメディです☆

090314_magic_hour_main.jpg

満足度:★★★★★
2008年:日本
監督・脚本:三谷幸喜
出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、戸田恵子、寺島進、小日向文世、伊吹吾郎

あらすじ
どこかの港町・守加護(すかご)。
街のボス(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下のビンゴ(妻夫木聡)は絶対絶命のピンチに。伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れてくるという約束で命拾いしたものの、どうしていいやら・・・。
窮地に陥ったビンゴは「デラ富樫」の替え玉として、売れない役者・村田(佐藤浩市)を連れ出すが・・・。

特徴と見どころ
・佐藤浩市の顔変化
・深津絵里の舌ったらずでキュートな歌声
・豪華キャスト陣の思わぬキャスティング


感想
公開前、ものすごい宣伝をやっていましたね。
正直、連日の三谷幸喜に「またか!」と思わないこともなかったですが・・・

以前、監督が自身のエッセイに「映画が完成したあと、監督にできることは宣伝をすることだけ。役者さんにパーフェクトな演技をしてもらったのだから、自分もできるかぎり宣伝しなきゃ申し訳ない」みたいなことを書かれていて・・・

それを思い出すと、ああこの人は本当はいい人なんだろうなぁと。
だからこそ、主演級の役者さんたちがこんなにも監督の元に集まってくるんだろうなぁと。

って、まあ、それはさておき。その三谷監督が、自ら、「4本目の映画で、初めて納得のいく作品が出来ました!素晴らしい映画です!」と、豪語していたこの映画。
期待以上に、めちゃくちゃ素晴らしかったです。

もう、本当、ゲラゲラ笑わせてもらいました。(>▽<)

話の展開といい、言葉遊びといい、天才的な脚本ですし、それを演じる豪華キャストの方々の熱演。
いやはや、佐藤浩市さんがこんなにはっちゃけた演技をしてくれるとは。
あのナイフのなめ具合・・・。しかも、ひとりで鏡の前で練習していたっていうから、それを想像するとなおさら。w

個人的には、伊吹吾郎さんのバーテンダーと寺島進さんのギャングにぐぐっときましたね~。
2人とも強面だから、そのギャップがステキでした。
妻夫木くんは主演なんだけど、強烈なインパクトはなく、でもそこが彼のいいところですよね。なんかこうとけ込む感じっていうんでしょうか。

あと、深津絵里、キュートでした♪
気まぐれなボスの愛人役、はまっていましたね。
歌も、意外にうまくて、舌ったらずな歌声が可愛かったです。

他の役者さんたちについてもいろいろあげたいところですが、それをし出すと延々と続いてしまうので、割愛しますね。
笑いがたえない映画だったので、どのシーンをピックアップすればいいのかも決められないので、それも割愛してしまいます。

ともかく、最上級のコメディです!!!

そうそう、この映画を観に行った時、相方共々、鬱々としていたのですが、この映画で大爆笑したおかげで、憑き物が落ちたように、すっきりしました!
そういう意味でも、監督、ありがとう!!!と伝えたい映画です。


ポチッと応援よろしくお願いします!>へ<
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログへ     


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
http://youtu.be/Ui23mRNNm84



三谷監督の作品

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]   みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD]   ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。