スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ギルバート・グレイプ』 感想&PV風動画

前回ご紹介した『妹の恋人』では、デップ様が恋する妹の兄が苦悩していましたが、こちらの映画では、デップ様演じる兄が苦悩しています。
「悩める兄」つながりです。

地味だけれど、心にぐっとくるストーリーです。(;へ ;)

0809Girbart.jpg

ギルバート・グレイプ
1993年:アメリカ
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス、レオナルド・ディカプリオ

あらすじ
アイオア州の片田舎に住むギルバート・グレイプ(ジョニー・デップ)は5人家族の長男。
一家の家計を支えながら、姉のエイミー、妹のエレンとともに、夫の自殺が原因で過食症になり、1人では何もできないほど太ってしまった母と知的障害を持つ弟アニー(レオナルド・ディカプリオ)の面倒をみています。
ある日、その町にキャンピングカーで旅を続けている一行が立ち寄り、ギルバートは自由気ままで可愛らしい女性ベッキー(ジュリエット・ルイス)と出会います。2人は惹かれあいますが、ギルバートは家族のそばを離れるわけにはいかず・・・。
感想
正直言うと、この映画はそんなに好きじゃありません。たぶん。
というのは、大学生の時に講義で見せられて、この映画に出会い、その教授がこの映画が大好きで大変な熱弁をふるわれていた(たとえば、町の名前「エンドーラ(ENDOR)」="END OR" という意味の奥深さについてなど)ので・・・

何ていうか、そっちの印象が強くなってしまい、自分の感想が見えなくなってしまったのです。

まあ、どちらかというと鬱々としている映画なので、自分の好きなタイプではないのは確かです。でも、家族のしがらみなどを昔よりも強く感じるようになった今なら、もしかしたら、その良さを感じられるのかもしれないと思います。

でも、まあ、大好きなデップ様作なので、おすすめしといてもいいかなぁ、と。w

デップ様、『妹の恋人』ではとてもコミカルな演技でしたが、こちらでは、非常に抑制されています。 ギルバートの性格が自分の感情を押し殺しているタイプなので、しょうがないのでしょうが、ちょっと地味すぎて、個人的にはそれも残念に思いました。

が、しかし、こちらでは、アニー役のディカプリオが凄いです。なんていったって、「天才少年」と言わしめた作品ですから。
本当に知的障害があるみたい、というと、差別的な言い方になってしまうかもしれませんが・・・
表情や動きが、演じているとは到底思えないほど自然です。

そして、ディカプリオ、華奢だ~。
一体、いつから今のようにごつくなってしまったのでしょう?「タイタニック」の頃はまだ華奢だった気がするのですが・・・;

というわけで、ディカプリオ少年の天才振りを満喫するにはうってつけの作品です♪


ポチッと応援よろしくお願いします!>へ<
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログへ


この映画がPV風にまとめられている動画




ディカプリオの天才ぶりが発揮されている映画

ギルバート・グレイプ  バスケットボール・ダイアリーズ  ロミオ&ジュリエット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。