スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かもめ食堂』 感想&予告編 - くすくす笑えてほっこりできる脱力系ムービー

前回ご紹介したのは大爆笑間違いなしの『ザ・マジックアワー』でした。
今回は大爆笑、というよりは、思わずくすっとしてしまうこの映画をご紹介します。
「Pasco超熟食パン」のCMとのコラボが話題になったので、映画を見たことはなくても、名前くらいは聞いたことがあるっていう方は多いのではないでしょうか。

で、何のつながりかというと・・・

『ザ・マジックアワー』は「守加護(すかご)」という架空の港町が舞台で、今回の映画はフィンランドの港町「ヘルシンキ」が舞台となっています。
そう、「港町」つながりです!

これでもかと言わんばかりのゆるさが心地いい。
まったり癒されたい方におすすめの映画です♪(*´ー`)

090320kamome.jpg

満足度:★★★★★
2005年:日本
監督:荻上直子
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ

あらすじ
フィンランドのヘルシンキの一角で食堂を開いたサチエ(小林聡美)。
そんなサチエに「ガッチャマンの歌詞、分かりますか?」と声をかけられたのがきっかけで、彼女のアパートに居候することとなったミドリ(片桐はいり)。
空港でスーツケースが行方不明になってしまった旅行者のマサコ(もたいまさこ)。
偶然出会った3人が織りなす物語とは・・・?

特徴と見どころ
・フィンランドのヘルシンキが舞台
・小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの絶妙なバランス加減
・ご飯がとても美味しそう


感想
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、お三方の独特の存在感が素晴らしいです。
せりふの間合い、言い回し、表情。どれをとっても、この3人だからこそ、というものが感じられました。

小林聡美演じるサチエは、自分ひとりでヘルシンキに食堂を開きますが、地元のおばちゃん達は「あの小さな女の子がひとりで働いているのかしら?」と食堂の窓から中をのぞいて噂するばかりで、ちっとも中に入ってきてくれません。
それでも焦らず、日々、楽しげに準備をするサチエ。

「まじめにやっていれば何とかなるでしょう。だめならその時はその時」


サチエはそう思い、たとえお客さんがいなくても、きびきびと働き続けます。
健やかで芯の強い女性。
そんなサチエのイメージは小林聡美さんにぴったりでした。
華やかな美人というわけではないけれど、とても素敵な歳のとり方をしていますよね、小林聡美さん。

そんなサチエに「ガッチャマンの歌詞、ご存知でしょうか?」と突然話しかけられたのは、片桐はいり演じるミドリ。
もう、片桐はいりさんはね、登場した瞬間からつぼにはまってしまいました。
特徴的なお顔&動きですよねぇ。w

ミドリは親にすすめられたまま小さな会社の雑務に就き、ぼーっとしていたら、何もないまま歳をとってしまっていたという感じの女性です。
それで、あることがあって、えいやっとフィンランドにやって来たら、その日にサチエに話しかけられて、気のいいサチエのすすめで、居候することとなるのですが・・・

今までずーっとぼーっとしてきた失敗を悔いてなのか、「かもめ食堂」を繁盛させるためのいろいろなアイディアを考え出します。
いわく、「日本人の観光客にアピールしたらどうか?」
いわく、「フィンランド人が好きな食材をおにぎりの具にしたらどうか?」(トナカイ、ザリガニ etc 想像しただけで・・・ウゥッ)

でも、やっぱり、どこか空回り。

そこに、もたいまさこさん演じるマサコがやって来ます。
この人もねぇ。なんだか仙人のような雰囲気になりつつありますよね。何なんでしょう、あの包容力溢れたオーラは。
長年、両親の介護をしていたというマサコは、何もかもを悟ったような顔つきで、やたらにゆーったりした話口調でどこかとぼけている。

ミドリ同様、そこにいるだけで、なんだかクスクスしてしまいました。

ミドリも、マサコも、日本ではきっといろいろあって、それぞれ何かを抱えているんだろうけれど、でも、それについて多くは語られず。
それは、サチエがどうして一人でフィンランドに食堂を開いたかについても同様で、物語は、ただひたすらに、「かもめ食堂」でのちょっとした出来事をつづっていきます。

でも、それにだれることはなく、3人の絶妙なやりとりにくすくすして、気がついたら何だか優しい気持ちになっていました。

後に、Pascoの超熟食パンのCMでも使われることとなった「かもめ食堂」の素敵な内装。よだれがこぼれそうになるくらい美味しそうな、でも、特別ではない「かもめ食堂」の料理。
日本とは違う太陽がつくりだす光と影の明暗や白夜のぼんやりした画。
そんなものもこの映画の大きな魅力です。

でも何より、のんびりとしながらもドンと構えたサチエの生き方は、日々の雑事に押しつぶされそうになっている自分に、ほっと一息つかせてくれました。
「もっと~になりたい」と思うあまり、ジタバタしてうまくいかなくて、余計あせって・・・。そんな時、サチエのように、今できることをまじめにコツコツやり続けられたら、案外、道は開けるのかもしれないと思いました。

とっても癒された一作です☆


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編 陽水の歌もまた良し♪
http://youtu.be/dCQHjnyv0lE



脱力系の映画

かもめ食堂 [DVD]   転々 プレミアム・エディション [DVD]   ジャージの二人 [DVD]


原作もおすすめです♪
さちえがどうやって開業資金を工面したかの裏話も楽しめます!

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。